名刺を作るにはいくつかの方法があります

  1. 活版印刷
  2. スクリーン印刷
  3. オンデマンド
  4. オフセット印刷

活版印刷の特徴
活版印刷はもっとも古くから行われている印刷方法で活字を拾い組んでそれを版として印刷する。ので大変手間のかかる印刷方法であるが、版の中の一部(名前など)を差し替えて別の名刺を創るには適している。名前の活字を入れ替えるだけでよいのだ。また使用した活字は再度使えるので経済的である。一方活字を組むには高度の熟練が要るため職人不足のため活版で名刺を印刷するところは徐々に少なくなっているのが現状である。


スクリーン印刷
スクリーン印刷は、古くから染色につかわれていた技術で、おもに絹布をつかうことからシルクスクリーンとよばれていた。現在のスクリーン印刷では、型紙は写真製版によって製作される。枠にステンレス線、あるいは金属製の網をとりつけ、その上に感光性樹脂を塗布し、製版フィルムを密着させて紫外線をあてる。感光した部分をかため、感光しない部分を除去して型紙にすきまをつくる。こうしてできた網目からインキをおしだして、印刷する。印刷速度がおそく大量印刷には適さないが、紙以外にも布やプラスチック、金属箔などへの印刷が可能である。 黒い紙に白インクで印刷することも出来る。.

オンデマンド
パソコンで作った名刺を直接レーザープリンター、昇華型プリンター、バブルジェットプリンターとうで出力するので時間がかかるので大量の名刺には実用的ではないが、個人名刺は手軽に作れる。

オフセット印刷

最近は名刺専用の小型オフセット印刷機が普及したので名刺はダイレクト製版でオフセット印刷することが多くなった。マークや社名ロゴなど大量に印刷する場合は菊版半裁版に50個又は菊版4切りに25個つけて印刷した後名刺サイズに断裁する。


中央プリントショップtopページへ行く